1

イクモアは妊娠中と授乳中は服用は控えたほうがよいでしょう。

理由としては、妊娠中と授乳中は女性ホルモンのバランスがとてもデリケートになる時期。

イクモアは女性ホルモンの改善効果をうたっているものの、妊娠中や授乳中はホルモンバランスがとても繊細です。

妊娠中・授乳中の女性はイクモアだけでなく、サプリメントの摂取は控えるようにしたほうがよいでしょう。

妊娠中の女性が服用したら

妊娠中の女性が服用したら

市販のかぜぐすりや頭痛薬、胃腸薬などや短期間のむくすりは、妊娠4週(月経予定日を過ぎているのに月経が来ないころ)までに中止すれば、赤ちゃんに影響することはまずありません。もし仮に、受精後2週間以内にくすりの影響を受けた場合は、着床しないあるいは流産する、または完全に修復されて健康な赤ちゃんを出産すると考えられています。ですから、いま妊娠が順調に経過していれば、赤ちゃんへの影響はなかったと考えて大丈夫です。
(引用:妊娠・授乳とくすり )

市販されている、かぜ薬も妊娠4週目までに中止すればほぼ影響ないとされています。

イクモアはお薬のような副作用はまずないとされていますが、大切な赤ちゃんへの影響を考えて、妊娠4週目までには控えるようにしましょう。

授乳中の女性の場合

授乳中の女性の場合

多くのくすりは赤ちゃんの体に吸収される量が少ないので、くすりをのみながら授乳を続けることができます。ただし、授乳中にくすりをのみたい時は、それぞれのくすりの情報をもとに、医師や薬剤師などの専門家と相談しながら決めていくことが大切です。
(引用:妊娠・授乳とくすり )

お薬ですら、お母さんが飲んだくすりのごくわずかの量しか、母乳中に移行することはないようです。

それでも大切な赤ちゃんへの影響を考えて、サプリメントの摂取は控えるようにしたほうがよいでしょうね。

20代の人たちが服用した場合

20代の人たちが服用した場合

イクモアは20代の人にもお勧めできます。

イクモアは30代、40代の人が使用している事が多いようです。

その理由としてストレスの蓄積などの症状として、髪に出やすくなるのが30代、40代が多いから。

しかし20代の内から症状が出る方もいらっしゃいます。

20代からでも服用可能で効果もいつもどおり効能は期待できます。

まず初めは90日コースなどからご利用してみてはいかがでしょうか?

男性が服用した場合

男性が服用した場合

男性が服用しても抜け毛予防と育毛効果が期待できます。

その理由は大豆イソフラボン、アルギニン、シトルリン、シスチン、リジン、亜鉛、酸カルシウム、パントテンなどの成分は男性の抜け毛や育毛にも有効だからです。

その為、男性が飲んでも女性同様に効果が期待出来るでしょう。

ただし病院やクリニックで抜け毛の原因が男性ホルモンにあると診断された場合、女性ほど効果があるのかどうかよくわかっていません。

そのときは男性に効く育毛剤との併用がおすすめですね。