イクモアの成分には大豆が多く含まれています。
ですので大豆アレルギーをお持ちの場合、ご心配ならば医師に相談する方がよいかもしれませんね。

女性ホルモンのバランスが悪く産婦人科などに通って治療薬を服用していたり、女性ホルモンのバランスが悪く体がダルイなどの症状がある人にはなんらかの副作用を心配しなければならないかもしれません。

ですので飲む前には掛かりつけの医師と相談したほうがよいかもしれませんね。

ただこういった人たちでなければ大丈夫。

イクモアに副作用はありませんから。

イクモアに副作用があるか

ネット上の口コミサイトをみても、副作用がでたという感想は見つかりませんでした。

ただ大豆アレルギーをお持ちの方や女性特有の病気で婦人科にかかる様な病気(女性ホルモンのバランスが悪い)方などが服用する場合、掛かりつけの医師と相談したほうがよいかもしれませんね。

イクモアとアレルギーの関係

イクモアに入っている成分の中に大豆(大豆イソフラボン)が含まれています。

大豆アレルギーを持った方がいる場合にはイクモアを飲むときは医師と相談したほうがよいかもしれません。

アレルギーとは
ヒトなどの動物は体内に侵入した異物に対し、それを排除しようとする免疫反応(生体防衛システム)がもともと備わっています。
しかしながら、この生体防衛システムが適切に機能せず、過剰な免疫反応によって自分自身の体内器官や組織を壊してしまうことがあります。
たとえば呼吸が苦しくなる、皮膚に湿疹、かぶれが出るなどの症状がこれにあたります。
これが「アレルギー」の正体です。

イクモアの用法容量

1日に3錠の容量を飲むのが基本です。

お水またはぬるま湯と一緒に服用しましょう。